日本 - フラグ 日本

ご希望の通貨をご確認ください。:

日本円
インコタームズ:発注時に消費税が加算されたDDP
All prices include duty and customs fees.
¥6,000 (JPY) を超えるご注文は通常、発送無料となります

米国ドル
インコタームズ:FCA (発送場所)
関税、通関手数料、消費税は、商品お届け時にお支払いください。
$50 (USD) を超えるご注文は通常、発送無料となります

Bench Talk for Design Engineers

Mouser Blog | Japan

rss

マウザー・エレクトロニクスの公式ブログ


量子インターネットとは何か? 誰が使うのか? SJ Barak
近年注目されている「量子インターネット」。そもそも、これぞ最強と言わんばかりに、その名に「量子」を冠しているのはなぜなのでしょうか 。

An Airport Pioneers Fast Data Connections David Freedman
By enlisting a little-used spectrum and new technology, a Dallas airport has pioneered ways for crowded venues to keep everyone online. As such approaches become commonplace, people will see blazing new connection speed.

ロボットと暮らす 映画で見たあの景色がすぐそこに Mouser Staff
疑いもなく私たちは、デストピアの時代を生きています。テクノロジーによって、もっと希望に満ちた未来が訪れてほしいと期待するのは当然なのかもしれません。特にそんな期待を一身に担っているのが、ロボットとAIです。

車内はどこまで検知できれば安全? AI・センサー融合がヒント Modar Alaoui
現在、自動運転車はもうすぐ実現すると言われています。しかし、多種多様な実環境において真の自律走行が実現するのは、まだ当分先の話です。人間のドライバーは依然として目の前の状況に注意を払う必要があり、実験用の自動車の車内も、あまり動きのない実験室のような環境であるようです。人間中心の人工知能 (AI) 企業として2013年に設立さたEyerisは、車内の状況を監視して、人間が状況を把握していることを確認し、さらにその重要なタスクを実行できる環境であること確認することで、より安全で快適な運転の実現を目指しています。

仮想現実が医療教育の処方箋に Poornima Apte
医学教育の現場では、遺体を用いた研修を補うものとして、仮想現実 (VR) と拡張現実 (AR) の活用が始まっています。米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学の医学生は、解剖学の学習にVRを利用しています。スタンフォード大学では、同校が開発した「Stanford Virtual Heart (バーチャルハート)」を活用し、医学生はVRヘッドセットを装着して、心臓の複雑な動きについて学んでいます。

航空宇宙分野におけるナノテクノロジーの可能性 Liam Critchley
ナノ材料は、サイズの小ささ、軽量性、その他の優れた特性から、特に高性能な機械的特性が求められる自動車、航空宇宙産業を中心に、これまで多くのハイテク業界から注目されてきました。

なぜ今、FPGAなのか? そのメリットを探る Adam Taylor
プログラマブルロジックとは、ユーザー自身が自由にプログラムすることができるICのことですが、1980年代半ばに登場して以来、さまざまなアプリケーションで幅広く採用されてきました。

【ニューテック・チューズデー】量子ドット技術で世界をもっと明るく Tommy Cummings
私たちはすでに量子ドット(QD)を一日中見つめて生活しているのかもしれません。今まさに見つめているかもしれません。スマートテレビやスマートフォンの画面、職場で使う民生機器や業務機器のLEDなど、量子ドット技術は私たちの身の回りのいたるところで採用されています。

スピードアップだけじゃない! IoTでも大活躍の5G Steven Keeping
モバイル通信は、「世代」を重ねながら進化の道をたどってきました。後から「第0世代(0G)」と呼ばれるようになった、セルラー方式以前のアナログ通信から始まり、その歴史はさまざまな変遷を経て、今日に至っています。

【ニューテック・チューズデー】まるで高速道路の新しい追い越し車線!USB4®の高速性 Tommy Cummings
USB4® が登場してまだほんの数年ですが、そのリリースは業界に大きな影響を与えました。USB(ユニバーサルシリアルバス)規格の5回目のこの修正は、帯域幅を大幅に増やすもので、設計エンジニアや一般ユーザーにとって多くの可能性を切り拓く規格として注目されています。 USB4規格の最大の特徴といえば、なんと言っても、2レーン、40Gbpsの高速転送です。それは例えるなら、高速道路に追い越し車線がもう1つできたようなもの。誰もが待ち望んでいたものであるはずです。

日付順