Mouser Blog | Japan
 
日本 - フラグ 日本

ご希望の通貨をご確認ください。:

日本円
インコタームズ:発注時に消費税が加算されたDDP
All prices include duty and customs fees.
¥6,000 (JPY) を超えるご注文は通常、発送無料となります

米国ドル
インコタームズ:FCA (発送場所)
関税、通関手数料、消費税は、商品お届け時にお支払いください。
$50 (USD) を超えるご注文は通常、発送無料となります

Bench Talk for Design Engineers

Mouser Blog | Japan

rss

マウザー・エレクトロニクスの公式ブログ


ナノテクノロジーが蓄電デバイスにもたらす影響とは? Liam Critchley
長年にわたり、科学者やエンジニアたちは蓄電システムを効率化するために、さまざまな方法を試してきました。例えば、蓄電デバイスの容量を増やす、デバイスを小型化する、急速充電できる蓄電デバイスを開発するなどです。さらには、多くのデバイスの優れた特性を1つのデバイスに取り入れたハイブリッドデバイスも製造しました。

【ニューテック・チューズデー】ゲーム・自動車・医療...VRが広げるミライ ~VR開発に必要なAIソリューションとは~ Tommy Cummings
技術ジャーナリストのトミー・カミングスが、毎週、設計エンジニアにとって興味深い「旬の」トピックを取り上げます。

ロボット開発を加速するAMD Xilinxロボティクススターターキット Xilinx
ロボットは、数多くのエンジニアリング要素の組み合わせでできています。新しいコンポーネントや要素が加われば、フレームワークにも新しい変化が生まれます。ですから、フレームワークが変わっても高いパフォーマンスを維持することが大きな課題になります。このような変化に適応するために、アダプティブコンピューティングが生まれました。

自律型ロボットとスーツケースの出会い Jean-Jacques DeLisle
「自律走行搬送ロボット(AMR)」というと、多くの人は注文発送センターや倉庫といった、さまざまな産業界の現場で活躍する、比較的大型のロボットを思い浮かべるでしょう。海外旅行中に持ち主の後に健気について来る、人工知能や機械学習(AI/ML)機能付きのスーツケースを想像する人は、恐らくごくわずか。ましてや、そんな製品がもう市場で手に入るなんて、誰が想像するでしょう。しかし、家庭用AI/MLシステムとロボットの時代はもう始まっています。この革命をさらに前進させるには、いくつかのハードウェアとソフトウェアの課題を克服して、TSAの承認要件を満たし、わずかなスペースに必要な電子部品をすべて搭載する必要があります。その上、重量をあまり増やさずに、競争力のある価格を維持しなければなりません。

奇想天外!ますます広がるウェアラブルの世界 SJ Barak
少し前までウェアラブルと言えば、 スマートウォッチ、フィットネストラッカーぐらいでした。それが今は違うのです。 確かにここ十年、ウェアラブル機器はフィットネストラッカーを中心に市場を伸ばしてきました。でもすべてが万歩計や心拍数モニターといった、単純でありきたりなものばかりではないのです。

【ニューテック・チューズデー】需要高まるスマート農業とおススメ製品 Tommy Cummings
ニューテック・チューズデー 技術ジャーナリストのトミー・カミングスが、毎週、設計エンジニアにとって興味深い「旬の」トピックを取り上げます。

MicroPythonとPython、その違いとは? Michael Parks
MicroPythonによるプログラミングの最大の魅力の1つは、20年近くにわたりデスクトップ環境で広く使われているCPythonと似ていることです。構文と設計パラダイムがほぼ同じであるため、組み込み開発環境とデスクトップ開発環境との間をほぼシームレスに移行できます。これは、モバイル、デスクトップ、クラウドなど、さまざまなプラットフォームから組み込み電子機器のデータにアクセスすることが求められるIoT時代には、非常に望ましいことです。ツールやプログラミング言語の種類が少なければ、開発要員数を抑え、製品開発サイクルを短縮することができます。とはいえ、組み込みハードウェア環境の性質上、デスクトップと比較して、MicroPythonとCPythonの間には少なからず違いがあることに注意しておく必要があります。

組込みシステムを守る具体的な方法とは? Michael Parks
組み込みシステムは、サーバーはもちろん、最新のパソコンほどの処理能力もないかもしれませんが、デバイスの数が膨大であるため、不正なボットネットや暗号通貨マイニングの格好の標的になっています。組み込みシステムの設計者にとって、セキュリティへの最初の大きな警鐘となったのは、2016年のネスト社製サーモスタットへのボットネット攻撃でした。これが消費者向けIoT製品であったことから、当時、プライバシーとセキュリティに対する意識の高まりもあり、ネスト社のボットネットは大きな議論を巻き起こしました。ただし、こうした議論は、企業はどうすれば低価格のIoT製品にセキュリティを組み込めるのか、消費者はどうすれば家や職場で安全にIoTを利用できるのかという点に終始しがちでした。

量子インターネットとは何か? 誰が使うのか? SJ Barak
近年注目されている「量子インターネット」。そもそも、これぞ最強と言わんばかりに、その名に「量子」を冠しているのはなぜなのでしょうか 。

An Airport Pioneers Fast Data Connections David Freedman
By enlisting a little-used spectrum and new technology, a Dallas airport has pioneered ways for crowded venues to keep everyone online. As such approaches become commonplace, people will see blazing new connection speed.

日付順