Infineon Technologies TLE4972 XENSIV™磁気コアレス電流センサ

Infineon Technologies TLE4972 XENSIV™磁気コアレス電流センサは、計測電流に比例するアナログセンサ信号および高速過電流検出ピン2本を集積しています。TLE4972は、差動計測原理を活用した漂遊磁界に対する堅牢性を発揮するため、電流EMC傾向のある計測に最適です。

Infineon TLE4972デジタル・アシスト・アナログ(技術)は、堅牢なホール技術に加えて独自のデジタル応力および温度補償のおかげで温度とライフタイム全体での卓越した安定性を実現します。磁気センサのコアレスセンサ設計は、飽和やヒステリシスといった悪影響を回避できます。これらは一般的に、磁束集中を理由に鉄心を使用するセンサから発生します。

センサは、AEC Q100およびISO 26262 Safety Elementに従っており、ASIL Bに準じた安全要件とは別の安全要件の認定を受けています。これらの要件は、トラクションインバータやバッテリのメインスイッチなど安全性重視のアプリケーションをサポートしています。

センサは、外部電流レール概念によって48Vおよび高電圧アプリケーションでの使用に適したPG-TDSO-16パッケージでご用意があります。

特徴

  • 高精度、スケールできる機能、DC & AC電流センシング
  • 温度およびライフタイム全体にわたって感度の誤差が非常に低い
  • 温度とライフタイム全体にわたるオフセットの優れた安定性
  • 高速応答時間と低位相遅延を実現する高帯域幅
  • 優れた漂遊磁場を保証をする差動センサの原理
  • 電源回路の高速保護メカニズム(標準0.7µs)を実現するように閾値を設定できる独立した高速過電流検出(OCD)ピン2本
  • 最大31mTのフルスケール(大電流アプリケーション)
  • 低挿入抵抗および低電力損失を実現する小型フォームファクタ
  • アナログ出力の動作モード(完全差動、半差動またはシングルエンド、レシオメトリックの有無にかかわらず単方向および双方向)の設定が可能
  • 電源電圧3.1V~3.5V
  • ASIL Bに応じた安全要件に適合するISO 26262 SEooC(Safety Element out of Context)
  • さまざまな配線スキームでの最適なシステムインテグレーションを実現する各種のパッケージソリューション

アプリケーション

  • 自動車の電気駆動装置
  • 補助ドライブ
  • 電流監視
  • 過負荷および過電流検出
  • 自動車パワートレイン
  • バッテリのメインスイッチ
  • オンボードチャージャー

ブロック図

ブロック図 - Infineon Technologies TLE4972 XENSIV™磁気コアレス電流センサ
公開: 2021-10-21 | 更新済み: 2022-06-28